森の棟梁突撃レポート −一二三工務店(株)−

 県産材を使った家づくりに関するよもやま話を、5回にわたってお送りしていく「森の棟梁突撃レポート」。

最終回の今回は、盛岡市上太田にあります「一二三工務店」さんです。
現在、吉田社長さんと社員さん2名の計3名で、年間平均5棟を心を込めて建てられている
工務店さんです。

お話しして下さったのは、営業、現場監理と担当されている吉田社長と社員の高橋さんです。

P1000003.JPG


Q1. 目に見える造作材だけでなく、柱や梁といった構造材、野地板などの小骨材にまで県産材を
    使用しているとのことですが、お客様の年齢層と大体の建物予算を教えて下さい。

A. 年代は30代後半から60代と幅広いですが、50歳代が多いです。
   建物の予算は坪数により変わるので一概に言えませんが、2200〜2700万円前後です。

Q2. 積極的に県産材を使用している理由は何でしょうか?

A. 県産材を使用したかったのではなく、岩手県にあった家づくりを考えた結果、その一つの方策
   として、県産材使用という結論に行きつきました。
   岩手は内陸気候特有の寒暖の差から生じる結露、断熱対策をしっかり行う必要があります。
   当社では季節に応じて通気を変える工法にプラスして、そうした気候に順応した県産材の調湿
   機能に大きな役割を感じています。

Q3. 山側や製材所といった木材供給側への要望はありますか?

A. お客様の木への執着・要望というものがまだ浅い気がします。漠然と「木の家で癒されたい」
   という感じです。入口としては十分だと思いますが、さらに次のステップに引き込むことが
   大事だと感じます。
   そういった意味では、山側とのお客様の接点・触れ合いの機会を増やしたいですね。
   そうすれば、岩手の山ももっと元気になると思いますしね。

Q4. 最後に一二三工務店さんの、家づくりに対する想いを教えて下さい。

A. 一言でいえば「岩手の風土に合う、孫の世代まで続く家づくり」を常に目指しています。
   それは住宅性能で言えば、結露・通気・断熱対策ですが、もう一つ不可欠なのはお客様と
   良い関係を築いていくことです。
   それは単にお客と契約工務店という関係ではなく、家族のような深い信頼関係を築いていく
   ということです。
   当社には展示場はありませんが、、OBのお施主様が「うちをぜひ次のお客さんへ見せて」
   というお声を頂きます。このようなお言葉を頂くことは本当にありがたいですし、今後も
   こうした気持ちを忘れずに、お客様と共に家づくりを行っていきたいと思います。


風土にあった住宅の提案はもちろん、心でお客様と接すること・・・
人として忘れてはならない大切な部分を、しっかり持ち続けている工務店さんでした。


森の棟梁突撃レポート −(株)小田組−

 県産材を使った家づくりに関するよもやま話を、5回にわたってお送りしていく「森の棟梁突撃レポート」。

第4回目の今回は、久慈市湊町にあります「(株)小田組」さんです。
小田組さんは現在、佐々木社長さんと奥様、自社の大工さん5名で年間2棟の新築と増改築を中心に、地元に根付いた工務店さんです。
小田組さんの創業はなんと大正13年。当時から土木・建築工事を主体とされていたそうです。
佐々木社長のお父さんである(前)佐々木工務店社長が、その歴史ある小田組を引き継いだ事から今に至るそうですが、社長さんが引き継いだ当初は建築:土木=50:50であったそうです。
現在では建築の比重が増えてらっしゃいます。

最近「家に大黒柱を一本使ってみませんか?」と、杉丸太の通し大黒柱を勧められている
佐々木社長へ、お話しを伺いました。

CA3H0060.JPG


Q1. 新築を年間約2棟建てられているとの事ですが、どの位の予算で県産材住宅は
    建てられますか?

A. 坪数にもよりますし、お客様の予算に合わせた提案ですから一概には言えませんが、
   この地域は近くの製材工場でプレカットが出来ます。
   また、タイコ梁は大工さんの手刻みになりますが、併用で40万円/坪スタートでしょうか。

Q2. 国産材や県産材を使用していて、木材供給側に対する要望はありますか?

A. ここでは地元の赤松を構造材の梁として使用するのですが、年間通じての安定供給が課題
   ですね。また、杉・赤松以外の提案も欲しいですね。

Q3. 小田組さんの家づくりに対する想いを教えて下さい。

A. 地域と共に永く先代たちが創り上げてきたものを、大切にしたいですね。
   ですから、先代の父が建てた家を改修させて頂けるのは、大変ありがたいですし、
   だからこそ自分の目が届く範囲の仕事をしたいですね。


継続とは力なり。「地域に根差した工務店」そんな言葉が似合う工務店さんでした。
「家に大黒柱を一本使ってみませんか?」と言っても、時々断られるけどね・・・。
と、にこやかにお話しされる社長さんに、ちょっと親しみが湧きました。

森の棟梁突撃レポート −(株)木村設計A・T−

 県産材を使った家づくりに関するよもやま話を、5回にわたってお送りしていく「森の棟梁突撃レポート」。

第2回目の今回は、花巻市下小舟渡にあります「(株)木村設計A・T」さんです。
盛岡の久慈設計に長年勤められていた社長さんが花巻に戻られ、久慈設計花巻として
スタートしたのが平成元年。その後、息子さんが花巻に帰って来られたのを機に木村設計A・Tへ
社名を変更されたそうです。ちなみにA・Tとは、アート&テクノロジーの略。
社内にマルチメディア部、都市計画から不動産までと12人のメンバーで構成されている、
非常にユニークな設計事務所さんです。

設計事務所として長年、公共建築から住宅まで幅広く携わってこられた木村社長さんへ
家づくりについてお話を伺いました。

木村所長.JPG


Q1. 年間3〜4棟の住宅の設計をされているとのことですが、県産材住宅はどれ位の予算で
     建てることができますか?また設計料の計算方法も教えてください。

A. 一概にいくらとは言えませんが、私がこれまで建てた県産材住宅には坪36万円もあれば、
   坪80万円というのもあります。
   実はこの2棟とも私の自宅と息子の家なんですが、お客様にはこの2棟を比較して頂き、
   指標にして頂いております。
   設計料に関しては、総工費に対する何%という計算方法もありますが、私は規模に関わらず
   最低100万円はかかることをお話ししております。
   20坪の家でも100坪の家でも、設計・模型の製作、3Dアニメーションの制作
   (模型で表現しきれない部分の確認)は同等の経費がかかりますからね。


Q2. 県産材を使用していて、何か要望することはありますか?

A. そうですね。公共物件に多いことなのですが、本当は計画と並行して地域材が揃えられれば
   良いのですが、入札制度がその障害になりますね。
   また協力業者さんに関しても、本当は地元産業、地元業者と協働したいのですが・・・
   何かクリーンな方法はないものですかね。


Q3. 木村設計A・Tさんの家づくりに対する想いを教えて下さい。

A. 「使い込んだ家具のような家」です。
   実は昔はけっこう斬新な建物を設計していたんです。(若気の至りですが・・・)
   今は高気密・高断熱等の技術の追求だけでなく、四季を感じれる住宅を提案しています。
   また、現在のライフスタイルに合わせた住宅ではなく、10年先、20年先と住む人の年齢と
   共に愛着が出る家。そんな提案を行っていければ良いと思っております。


家づくりも年の功でしょうか。
10年先、20年先も永く愛着を持って住める「使い込んだ家具のような家」
本当にいいフレーズですね。
    

森の棟梁突撃レポート −(有)清水畑建設−

 県産材を使った家づくりに関するよもやま話を、5回にわたってお送りしていく「森の棟梁突撃レポート」。

第1回目の今回は、盛岡市厨川にあります「(有)清水畑建設」さんです。
清水畑建設さんは現在、清水畑社長と息子の専務さん、自社の大工3名で年間1〜2棟を大事に建てる非常にアットホームな工務店さんです。

営業、お施主様とプランニングから実施設計、設計監理、施工管理まで一連の流れを全て担当されている清水畑専務に「県産材を使った家づくり」についてお話しを伺いました。

CA3H0053.JPG


Q1.年間1〜2棟建てられているとのことですが、どの位の予算で県産材住宅は建てられますか?

A.様々ですが坪数にもよりますし、お客様の予算に合わせた提案ですので、大体2千万円前後が
  最近多いです。


Q2.住宅を新築する際、外国産材を使用するのと、国産材・県産材を使用するのでは、
   どちらが安くできますか?

A.ほとんど差はありません。
  ただ、床材等の目に見える部分の材料を無垢材にすれば、大工の手間が多くかかるので、若干
  高くなるかもしれません。
  当社は自社大工なので、材の仕上げは全て大工が行いますし、キッチン、ユニットバス等設備の
  グレードを下げれば十分に吸収できる範囲です。


Q3.国産材・県産材を使った家づくりを行っていて、製材工場に対する要望はありますか?

A.昔と違って、随分材料がよくなっていますね(社長談)カンナも掛ってくるし…。
  製材工場とのコミュニケーションが必要と思っている、もっと山の伐採現場や製材工場に行って
  みたいし、話もきいてみたい(専務談)お客様と一緒に行けたらおもしろいかも…。


Q4.清水畑さんの家づくりに対する想いを教えて頂けますか?

A.家は買うものではなく、造るもの、お客様と一緒に家づくりの物語を大切にしたいです。
  そうそう、最近、壁塗りをお客様と一緒にするのが恒例になっているんですよ…。
  壁に家族の手型をつけたり楽しいですよ!


なるほど…専務さんの目の届く範囲の「アットホームな家づくり」。
今の時代、建築中の大工さんの顔を知っているお施主さんはどの位いるのでしょうか…?
「顔の見える家づくり」そんな言葉がぴったりくる工務店さんでした。 

  
  
  

森の棟梁突撃レポート −(有)木の香の家−

 県産材を使った家づくりに関するよもやま話を、5回にわたってお送りしていく「森の棟梁突撃レポート」。

第3回目の今回は、北上市本町にあります「(有)木の香の家」さんです。
スタッフは白鳥社長と3名の現場監督さん、さらに1名のコーディネーターさんを加えた計5名と、
少数ながら非常に勢いのある工務店さんです。

お話ししてくださったのは、営業・設計・現場監理・経理と一通り担当されている白鳥社長です。

CA3H0058.JPG


Q1. 県産材を使用した住宅を年間15棟前後つくられているとのことですが、
    お客様の年齢層と大体の建物予算を教えて下さい。

A. 年代は30〜60代と幅広いですが、共通しているのは断熱性能、デザイン性、自然素材と
   いった「ちょっとこだわりたい」というお客様が多いですね。
   予算は当社平均施工坪数の45〜50坪位ですと、2300〜2500万円位です。


Q2. 新築の際、外国産材と県産材を使用するのでは予算は変わってきますか?

A. 坪数にもよるので一概に言えませんが、変わったとしても数十万円程だと思います。
   ただ、どのようなお客様にも予算はありますので、例えば「目に触れやすい造作材は県産無垢
   材を」という様な、ポイントを絞ったご提案は臨機応変にさせて頂いております。


Q3. 木材の供給サイドへの要望はありますか?

A. 強いて言えば、もっと山側や製材所側の情報が欲しいです。
   どのような木材のストックがあって、どれくらいの価格なのか・・・
   そういう意味では供給サイドと我々工務店サイドを繋ぐ役割を担う人や、同時に透明な
   価格情報の公開が大切だと感じます。


Q4. 最後に木の香の家さんの家づくりに対する想いを教えて下さい。

A. 当社の強みは正しい断熱理論に基づくワンランク上の断熱性能と、お客様の幅広いご要望に
   応じることが可能なデザイン力です。
   現場の施工大工を含め当社のスタッフは、断熱理論の勉強会を定期的に行っています。
   その結果、真冬の夜に暖房を止めても朝に15℃前後を保つ住宅のご提案・施工が可能と
   なっております。もちろん和風、洋風、モダン風、ハウスメーカー風・・・
   どのようなデザインでのご提案も可能です。


ワンランク上の断熱性能と幅広いデザインの提案・・・
雪国岩手県に住む私たちにとっては、目からウロコな工務店さんでした。 
  

1

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode