第2回 いわて森の棟梁研修会 報告レポート

今回は、いわて森の棟梁登録事業者などを対象として、1月24日(月)に開催された研修会の様子をご紹介します。

 

IMG_2446.JPG

 

演題:木の見方・使い方・人材育成・技術継承について

講師:菊池 恭二 氏

 

講師として来て頂いたのは、遠野市で宮大工として活躍する社寺工舎の菊池恭二氏。

文化財の復元など、全国の寺社工事を大工棟梁として指揮を執ってきた方です。岩手県内では、盛岡八幡宮拝殿や毛越寺本堂、鬼越蒼前神社なども手掛けられています。

今回は、木材の見方・使い方と心技体の継承について講演して頂きました。

 

RIMG5560.JPG

 

RIMG5553.JPG

 

IMG_2447.JPG

 

神社仏閣における木材利用について、どのような木が使われるのか。どのような木が造り手に好まれるのか。

適材適所の木材の選び方や、捻じれや製材後も動くことを見越した木材の見方など、これまでの経験で培われたお話を聞くことができました。わかりやすい木材・継手のサンプルなどもご用意いただき、参加者の皆さんもワクワクしながら手に取って見ていました。

槍鉋の技術を実際に披露して頂いた場面も。参加していた大工の方々も挑戦し、研鑽された技術の高さを直接感じているようでした。

 

後半は、ご自身の修業時代のお話も交えながら、人材育成・技術継承についてお話をして頂きました。

師匠の仕事を見せた後、弟子に仕事をさせる大切さや、言葉や文字では伝わらないことを、いつも側にいて見て感じさせる。

ミスを責めて自信を失わせるのではなく、ミスを乗り越えさせ自信を持たせることが大事など、あらゆる仕事に通じる内容で勉強になりました。

 

参加者の方からは、

・社寺建築の手法が身近で具体的に、どのように活かせるかを知りたいと思いました。

・技術継承は長い年月がかかるが、必要なことだと感じた。

など、様々な意見を頂けました。

 

木材の見分け方や使い方、職人としての精神と技術を後の担い手に継承していくことは、とても重要です。

今回の研修も、心に刺さる内容でした。

 

(文章:木の家ナビ事務局)


第1回 いわて森の棟梁研修会 報告レポート

今回は、いわて森の棟梁登録事業者などを対象として、昨年11月18日(月)に開催された研修会の様子をご紹介します。

 

RIMG5459.JPG

 

演題:「道の駅ふたつい」での地域材・一般材の活用事例について 

講師:西方 里見 氏

 

講師として来て頂いたのは、秋田県能代市で設計士として活躍されている(有)西方設計の西方里見氏。

「地域が豊かになるには地域力である」という思いのもと、地域の一般流通材を活用した多くの公共建築物に携わっている方です。

今回は、「道の駅ふたつい」の事例を中心に講演して頂きました。

 

設計の内容・求められるJAS認定木材の基準や検査の方法など、実際の経験談を交えながらのお話に、参加者の皆さんも興味深そうに聞いていました。

沢山の写真を見ながらで、イメージもしやすかったです。

 

また、「ぶなっこらんど」や「国際教養大学宿舎」など様々な事例も、紹介して頂きました。

実際に使用した木材の使用量と比例して、地域の職人の働き場所となり地域経済の活性化に役立つ など、大きな視点でのお話もありました。

 

参加者の方からは、

・木造部分が今まであまり好きではなかったが、興味がわきました。

・岩手でもこのような木造建築が増えれば良いなと思いました。

など、多くの前向きな意見も頂けました。

 

地域材でいい建物を作ることが、製材所や建設業者、地域住民などが豊かになる事に繋がります。

多くの事を考えるキッカケになり、とても良い研修になりました。

 

(文章:木の家ナビ事務局)


IWATE県産木材 DESIGN BOOK 発行のお知らせ

盛岡広域振興局から、「IWATE県産木材 DESIGN BOOK」が発行されました。

 

IMG_2512.JPG

 

hanndoubosugks.png

(右:表紙 左:裏表紙)

 

冊子の表紙は県木である岩手県産ナンブアカマツを使用した、目を引くデザインとなっています。

 

掲載されている内容は、いわて森の棟梁登録事業者に県産木材を活用した事例の情報を提供頂いたものです。

各物件の設計のこだわりや、どの部分にどの県産木材を使用しているのかを、写真と共に紹介しています。

 

豊富な樹種に恵まれている岩手県は、様々な用途に合わせた木材の利用が可能です。

このブックは県産木材の多彩な使い方や、雰囲気を感じられる内容となっています。

 

お見かけの際は、是非手に取ってご覧ください。


「いわて4人の住宅作家展」が開催されました!

2月1日(土)〜2日(日)に開催された「いわて4人の住宅作家展」の様子をご紹介します。

 

 

当日は沢山のお客さんで、大盛況のイベントでした!お客さんも楽しそうで活気あふれていました。

 

会場では、完成写真や模型・図面などで作品が紹介されています。

自由に見学することが出来る他、実際に手掛けた4人の住宅作家さんに直接お話を聞くことが出来たので、とても満足感がありました。

 

住宅だけでなく、小学校やこども園、クリニックの事例も展示されていました。

普段は見られない公共施設などの設計や、使われている材料なども聞けて、とても勉強になりました。

 

第二会場では、快適温度を保つ住宅内部をVR(バーチャルリアリティ)で体験できる展示も。

図面だけではイメージしづらい広さや雰囲気も、感覚的に分かりました。

 

4人展DM画像ga.jpg

展示作家:

●大森 典子(大森典子建築設計事務所)

●片岸 弓枝(かたぎしゆみえ建築設計事務所)

●植田 優 (U建築計画)

●大塚 陽 (オオツカヨウ建築設計)

 

どの住宅作家さんの展示も、それぞれのこだわった部分が伝わってくる素敵な作品でした。

皆さんも県内の住宅作家さんと一緒に、北国にふさわしい建築を考えてみませんか?


(有)杢創舎 TV放送のお知らせ

(有)杢創舎

 

(有)杢創舎よりテレビ放送のお知らせです。

下記日程で(有)杢創舎がテレビ放送で紹介されます。

 

.謄譽售篌蝓崚賈牟箙塲烈アシスト」(2分半)

日時:令和2年1月7日(火)

   PM 6:55〜

 

△い錣討瓩鵑海ぅ謄譽咫崚賈牟箙塲烈アシスト」(2分半)

日時:令和2年1月12日 (日)

   PM 6:55〜

 

また、フィギュアスケート選手の浅田真央さんが全国を巡り、アスリートを応援する番組「真央が行く」では、車いすバスケ選手の大和田洋平さんと、大和田さんを支える職場として「杢創舎」が紹介されます。

 

NHK総合「真央が行く・東北編」(50分)

日時:令和元年12月31日 (火)

   AM 5:10〜

 

ぃ裡硲冒躪隋〆独見いわて「真央が行く・東北編」(27分)

※岩手県内向け放送として再編集

日時:令和2年1月10日 (金)

   PM 7:30〜

 

IMG_0349.JPG

 

IMG_0347.JPG

 

IMG_0344.JPG

 

皆様ぜひともご覧ください。

 

お問い合わせ先

(有)杢創舎

TEL:019-651-1187

FAX:019-651-6967

HP:http://www.mokusousya.com/


長澤沙織設計室・(有)岩井沢工務所・(有)清水畑建設 山林現地見学会

今回は、令和元年10月26日に行われた山林現地見学会の様子をご紹介致します。

長澤沙織設計室の長澤室長・(有)岩井沢工務所の岩井沢社長・(有)清水畑建設の清水畑社長にお越し頂きました。

 

見学した山林は、(株)金澤林業の会長・金澤 裕臣さんが盛岡市内所有する100年以上代々受け継いできた山林です。第56回農林水産祭において、樹齢108年の杉6本が農林水産大臣賞を受賞しています。今回は、受賞した山林が、どういった山林であるか見学してきました。

1.JPG

 

3.JPG

所有者である金澤 裕臣さんが直接お話を聞かせてくれました。貴重な体験です。

 

4.JPG

伐採された杉の丸太の様子です。年輪がとてもハッキリしているため、板目・柾目がキレイにとれそうです。また、年輪の目も細かく、貴重な無節の材料になりそうです。

 

5.JPG

 

8.JPG

その丸太を需要がある長さに玉切りしていきます。柳本林業の柳本 一男さんに実演して頂きました。

 

9.JPG

(画像:中央の丸太が一番玉)

4mの丸太となりました。元に近い丸太である一番玉は、化粧材である両側柾目の柱や建具材に用いられるようです。

見学者からの、なぜ4mに切ることが多いのかという質問に、盛岡木材流通センターの田口部長からは、合板などの需要が大きい事が理由の一つであるとの説明がありました。建築現場では、3mの柱も需要があるため、建築現場と山林との連携が今後の課題かもしれません。

 

10.JPG

 

11.JPG

 

12.JPG

次は、こんなに太い丸太も玉切りして頂きました。太い丸太であれば、柾板よりも貴重な柾平割という材が取れるそうです。また、切り落とされた端の根杢(根に近い部分)は、現在は需要が無いそうです。とても立派で勿体ないので、有効利用への道を考えていきたいです。

 

14.JPG

こうして切られた丸太が、市場に運ばれ、製材を経て製品となって建築現場に運ばれます。

こうした太い丸太はとても貴重であることが、山林見学を経て改めて実感できます。

 

16.JPG

 

17.JPG

伐採の様子も見学することができました。近くで見ると、とても大きい事が分かります。樹高も35mはありそうです。

 

19.JPG

何度も調節しながら、チェーンソーの刃を入れていきます。

 

20.JPG

最後にくさびを打って、慎重に倒していきます。

 

21.jpg

 

22.jpg

 

23.jpg

 

24.jpg

大迫力の伐採見学でした。数本伐採して頂きましたが、すべて同じ方向にキレイに倒れていました。柳本さんの長年の経験と、培ってきた高い技術を感じます。

 

26.JPG

そして、それらも玉切りをしていきます。丸太1本1本に、手間暇がかけられています。

山林を見学することで、木材を流通させることの大変さと楽しさを感じました。

 

28.JPG

最後に、参加者全員で記念撮影を行いました。

参加した長澤室長や清水畑社長も、「貴重な体験だった」と語っていました。岩井沢社長からは、「この様子を現場の大工にも見せたい」と語っていました。

 

日々使用している材が、どのような所から出されているのか。普段目にできない現場を見学することで、材料1つ1つへの愛着や、特別感を感じる事が出来そうです。

 

(文章:木の家ナビ事務局)

 

 


長澤忍建築舎 県産材を使用した喫茶店「Kitchen+Gallery 豆」

長澤忍建築舎

 

 

Kitchen+Gallery豆が岩手医科大学付属病院併設トクタヴェール(店舗棟)にオープンしました。

 

ギャラリー豆 写真5(圧縮済).jpg

 

RIMG4989.JPG

 

ギャラリー豆 写真4(圧縮済).jpg

 

窓側カウンターや厨房カウンター、四角いテーブルに県産のオニグルミを使用しています。

柔らかなオニグルミ特有の手触りや温もりがあり、お客様がくつろげる空間になっています。

 

ギャラリー豆 写真6(圧縮済).jpg

 

IMG_1797.JPG

 

IMG_1795.jpg

 

オニグルミの優しい色合いが、店内の明るい雰囲気と相性バッチリです。

珈琲などの飲み物と一緒に、木材ならではの木目を楽しめます。

 

ギャラリー豆 写真7(圧縮済).jpg

 

ギャラリー豆 写真9(圧縮済).jpg

 

木材に囲まれ、患者さんや病院スタッフの方も安心して利用できる、憩いの空間となっています。

心地良い空間で、こだわりの珈琲豆を使用したサイフォン珈琲を楽しみながら、ほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

また生活雑貨や作家さんの作品も販売しています。こちらもぜひご覧ください。商品棚には、県産の杉材を使用しています。

 

ギャラリー豆 写真連結2.png

 

ギャラリー豆 写真1(圧縮済).jpg

Kitchen+Gallery 豆

 

営業時間 平日        11:00〜20:00

     土曜・日曜・祝日  11:00〜16:00

 

住所   紫波郡矢巾町医大通2丁目1-1 トクタヴェール内1F(医大併設)

 

お問い合わせ先

長澤忍建築舎

TEL:019-698-2850

ホームページ:http://nagasawa-act.chips.jp/

 


(有)杢創舎 木のお店 木工品のご紹介

(有)杢創舎

 

 

(有)杢創舎より木のお店で展示販売されている

岩手の木を用いた木工品のご紹介です。

 

今回は、特注オーダー品も含めてご紹介していきます。

 

 

赤松の椅子.JPG

 

こちらはアカマツを使った椅子です。

節のない材を使って、きれいでスタイリッシュに仕上げています。

 

 

赤松の丸テーブル.JPG

 

こちらも同じくアカマツを使った丸形テーブルです。

縞模様のように木の色味の違いを生かして貼り合わせて天板を作っています。

 

 

三角テーブル.JPG

 

こちらはスギを使った三角テーブルです。

すべて手作りなので、形やサイズも自由自在です。

 

 

三人掛け.JPG

 

次はアカマツで作った3人掛けソファです。

ゆったりとしたデザインが心地よい時間を演出してくれます。

 

一人掛け.JPG

 

同じく、節を生かしたアカマツの椅子です。

節の風合いや、それぞれの木が持っている曲線をそのまま生かしたデザインは、

一点物であるので、使う人それぞれに馴染んでいく愛着をはぐくんでくれます。

 

これらのアカマツの椅子はすべて、

住宅用の梁材の切り落とし部分を割り割いて板にしたものを材料としています。

山から採れた丸太をすべて無駄にしないで生かしたいという想いから作られています。

 

 

囲炉裏テーブル2.JPG

 

最後は、ケヤキで作られた囲炉裏テーブルです。

力強い木目とケヤキ特有の色味が印象的です。

 

 

囲炉裏テーブル.JPG

 

木目一つ一つを眺めるだけで、その木がどのような歴史を刻んできたか、

想像が広がりますね。

 

 

ぜひ皆さんも、木との出会いの場、木のお店で、

一点物の木材との出会いを楽しんでみてはいかがですか。

 

 

お問い合わせ先

(有)杢創舎

TEL:019-601-5192

FAX:019-601-5193

HP:http://www.mokusousya.com/

E-mail:mailto:mokusousya@mokusousya.co.jp

 

 


(有)杢創舎 県産材木工品 展示販売のお知らせ

(有)杢創舎

 

 

好摩にある(有)杢創舎事務所の隣に、昨年オープンした「木のお店」では、木工品などの展示販売を行っています。

今回は、県産材で作られた木工品についてご紹介します。

 

「木のお店」についての記事は、コチラ

 

DSC02998.JPG

こちらは、岩手県の木、南部アカマツで作られた椅子です。

住宅を建てる際に強度のあるアカマツを梁に使いますが、

その梁として使った際の余った部分を、

自社の帯鋸で挽き割いて材料として使いました。

 

木目の模様を生かしたこだわりが感じられます。

節もそのまま残して使うことで、自然な風合いを楽しめますね。

また、経年変化とともに使う人の生活に馴染んでいくことも楽しみの一つです。

 

 

DSC03068.JPG

DSC03067.JPG

 

続いてこちらは、

先ほどの椅子を作製した際にできた板材をさらに活用して作られた収納箱です。

 

 

DSC03069.JPG

 

持ちやすいように取っ手が工夫されています。

手になじむように、一つ一つ大工さんの手で作られています。

 

DSC03190.JPG

 

このように何個か重ねて使うこともできます。

何を入れてどう使うか、アイデア次第で使い方は広がります。

 

 

 

今回材料に使われたアカマツは、樹齢約80年で、その間盛岡市を水害から守ってくれた貴重な材です。

「今後もこうした木工品が皆さんの身近なものになっていくよう、沢山作製していきたい」と

澤口社長も意気込んでいました。

 

 

DSC07034.JPG

 

他にも、スギを使った収納ボックスなども展示販売しています。

 

樹種による違いを肌で感じながら選ぶのもまた面白いですね。

 

 

一般の方に岩手の木を身近に触れてもらうことを目的に、

「木との出会いの場」としてオープンした「木のお店」にて、是非ご体感下さい。

 

DSC03071.JPG

 

 

(文章:木の家ナビ事務局)

 

 

お問い合わせ先

詭歔麓

TEL:019-601-5192

HP:http://www.mokusousya.com/

 


11/19 (有)清水畑建設 「もりおかの木を使って、また植えるために。Vol.2」

(有)清水畑建設

 

(有)清水畑建設より、講演会のお知らせです。

下記の通りご案内いたしますので、皆さま奮ってご参加ください。

 

4S会作成_出張MIUcafe11.19flier.jpg

 

日時:平成30年11月19日(月)

   19:00〜21:00

 

場所:KITENE sakanacho

   (岩手県盛岡市肴町7-24 肴町ホームセンター2階)

 

会費:一般 300円(ドリンク代)

   学生 無料

 

定員:30名程度

 

※定員に達した場合は、お申込み期間内でも、やむを得ず立ち見席になることや、ご来場をお断りすることがありますので、あらかじめご了承願います。

 

 

森林資源は、循環利用する(植える→育てる→使う→植える)ことで、将来にわたる利用が可能となります。

特に、地域の木材を地域内で使用することは、地域産業や山村地域の活性化にもつながります。

 

今回は、「デザインの視点から考える地域材の利活用」をサブテーマとして、今年9月にオープンしたばかりのDIYスペース”KITENE”を会場に、肴町商店街の取組み紹介も交えながら、もりおかの木を使って、また植えるために必要なことを、皆さんと一緒に考えていきます。

 

お申込み・お問い合わせ

主催

盛岡市産学官連携研究センター(コラボMIU)

〒020-0851 岩手県盛岡市上田4-3-5

TEL:019-622-8889

E-mail:miu@iwate-u.ac.jp ⇒「指名」と「所属」を明記してください。



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode