(有)くらし建築工房 家族で暮らす住宅 新築レポート(完成編)その1

(有)くらし建築工房

 

 

これまで紹介してきた、二棟で構成される住宅

二棟目の住宅の仕上がりをご紹介していきます。

一棟目の新築レポートも、過去にご紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

新築レポート(材料選び・製材編)

新築レポート(施工編)

新築レポート(完成編)

 

1-1.jpg

 

2.JPG

お庭を挟み、一棟目の住宅と向かい合うように建てられています。

ドア付近のポーチ柱や外壁には、杉材を使用。黒く塗装し、洗練された雰囲気となっています。

 

DSC05368.JPG

 

玄関に入ってすぐは、広々とした開放感のある空間となっています。

生活スタイルの変化に合わせて、様々な使い方が出来そうです。

床板には比較的柔らかい針葉樹の中でも、強度の高い唐松を使用しています。

1枚1枚の床板を短めにすることで、唐松ならではの様々な木目や鮮やかな節を楽しめます。

 

DSC05364.JPG

玄関の顔とも言える上がり框には、美しさと耐久性を兼ね備えた赤松を使用しています。

赤松は、経年変化によって綺麗な飴色に変化していきます。

木の家ならではの変化を楽しみながら、日々の生活を過ごせます。

もちろん唐松も経年変化していくので、見比べるのも楽しそうです。

 

IMG_5845.jpg

また、玄関には存在感のある杉の大黒柱が、どっしりと家全体を支えてくれています。

黒く塗装したことで、メリハリのあるデザインとなっています。

とても太い柱ですが、実は丸太の中心(芯)を外した材となっています。

芯去り材は、とても太い丸太からしか取れないため、とても貴重な材です。

 

7.JPG

 

8.JPG

玄関の隣は、何かと便利な収納スペースとなっています。

靴やコートをすぐにしまえたり、取り出したりがしやすく、一つ一つの棚の奥行きもあるのでとても使いやすそうです。

 

9.JPG

洗面カウンターには、広葉樹のセンを使用しています。

和風な見た目が特徴の木材で、高級感あふれる仕上がりになっています。

 

10.JPG

 

11.JPG

脱衣所やトイレにも唐松の床板を使用してます。

トイレの床板には、無節材を大工さんが厳選して貼っていました。

経験豊富な大工さんの粋な心遣いが感じられます。

 

今回は、1階を中心にご紹介しました。

次回は、普段の生活スペースになる2階を紹介していきます。

 

お問い合わせ先

有)くらし建築工房

TEL:019-665-1616

FAX:019-661-5151

HP:http://www.kurashi-inc.com/



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode