(有)くらし建築工房 家族で暮らす住宅 新築レポート(完成編)その2

(有)くらし建築工房

 

これまで紹介してきた、二棟で構成される住宅

二棟目の住宅の仕上がりをご紹介していきます。

ぜひコチラの記事もご覧ください。

 

家族で暮らす住宅 新築レポート(完成編)その1

 

12.JPG

 

13.JPG

階段にも様々なこだわりが詰まっています。

階段の段板には、岩手県産のカツラを使用しています。

カツラは、赤い色味、硬い広葉樹の中でも柔らかめで なめらかな触り心地です。

こうした唯一無二の見た目を楽しめるのも、木の家の良さの一つです。

 

14.JPG

階段をのぼると、小さいお子さんが落ちないように、ゲートがありました。

子供が大きくなっても、邪魔にならないスッキリとしたサイズでした。

 

DSC05346.JPG

 

16.JPG

2階は仕事用のデスクやキッチンなどがある、最も長く過ごす生活スペースです。

柱は、八角形に加工しています。スタイリッシュな見た目になっているほか、材としても割れにくくなるなど、工夫が凝らされています。

 

17.JPG

窓側には、ゆったりとくつろげる畳スペース。

床板との境界線になっている畳寄せには赤松を使用するなど、細やかな材の違いを意識すると、楽しそうです。

 

19.JPG

 

DSC05337.JPG

出窓の天板には、貴重な幅広のカツラを使用しています。

幅広なので、飲み物を置いたり窓際で景色を見ながら作業したりと、様々な使い方が可能です。

また、設計からこだわった窓からの景観も楽しむことが出来ます。

遮るものが無いので、四季の変化を感じながら、日々暮らせそうです。

 

21.JPG

窓の横には、収納スペースがあるので、色々な使い方が出来そうです。

 

18.JPG

上を見上げると、赤松の化粧梁が目を引きます。

今回使われた材は非常に良質な材料で、節の少ない貴重な材料です。

 

22.JPG

 

IMG_2368.JPG

デスクには、重厚感のあるナラ材を使用しています。

集成材にする事で、使いやすい巾と長さになっています。

角を丸くすることで、子供もケガをしにくくなっています。

また、厚みを維持したまま、シャープに見えるよう加工するなど、細やかな部分にもこだわっています。

 

今回は、日常の生活スペースに注目してご紹介しました。

次回は、キッチンなどを中心に紹介していきます。

 

お問い合わせ先

(有)くらし建築工房

TEL:019-665-1616

FAX:019-661-5151

HP:http://www.kurashi-inc.com/



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode