株式会社 理創生活 ゲストと共に音楽を楽しむ住まい(施工中編)

設計 長澤紗織設計室

 

盛岡市内で岩手の木材をふんだんに使用した築50年の住まいのリフォーム工事が行われています。

お話をしてくださったのは(株)理創生活の畠山さんと、設計を担当された長澤紗織設計室の長澤さんです。

現場では、ちょうど県産サクラのフロアが張られていました。

 

 

RIMG2300.JPG

 

 

板は淡いピンク、白色、濃い赤と様々な表情をしています。

 

「汚れ防止の為に、木材に松脂を塗布して仕上げを行います。すると色合いと木目がさらに際立ち、お部屋の印象が変わります。」と、おっしゃるのは畠山さん。

 

仕上がりが非常に楽しみです。

 

「住んでからも時間がたつにつれ、経年変化で板に深みが出てきます。これも県産材を使う楽しみだと思います。」と、おっしゃるのは長澤さん。

 

確かに住んでからも楽しみが増えるのは良いですよね。

 

今回はリフォーム工事ですが、設計のこだわりもたくさんあるようです。

 

「お施主様が趣味の音楽を楽しめるように、特に音響には配慮しリブ(凹凸のついた木材)の板を天井に使用しました。このリブの木材は県産赤松で、温かみを感じつつ音響効果が楽しみです。」

 

 

RIMG2295.JPG

 

 

和室と広縁にも赤松板を張りゲストのおもてなしルームとなるようです。赤松は最初は白っぽいのが少しずつ飴色に変わるのも楽しみですね。

 

 

室内からのお庭の眺めも良く、楽しんで頂けるように窓の大きさや位置にもこだわったそうです。

 

綺麗なお庭を眺めながら、ゲストと共に音楽を楽しむ住まい。

お施主様のご要望に応えながら、プロの提案が光る住まいの完成にご期待下さい。

 

こちらは完成レポートも行いますので、お楽しみに。

(文章:いわて木の家ナビ事務局)

 

お問い合わせ先

 

衢創生活

TEL:019-681-4425

FAX:019-681-4426

メールアドレス:riso@riso.cx

HP:http://www.riso.cx/index.html

 

長澤紗織設計室

TEL:019-697-5471

メールアドレス:chez_saori@nifty.com

HP:http://ns-sekkei.blue.coocan.jp/


(株)ゆい工房 木質空間にこだわったリフォーム現場レポート 完成編

(株)ゆい工房

 

 

 

(株)ゆい工房が手がけた、木質空間にこだわったリフォーム現場が遂に完成を迎えました。

 

○外観.JPG

 

前回に引き続き、完成編としてご紹介していきます。

 

○玄関.jpg

 

まずは玄関です。

施工中は見えなかった県産カラマツの床と上がり框が迎え入れてくれます。

県産スギの天井と県産アカマツの梁も相まって、

家に入ってすぐ、木の温かさに包まれます。

 

○玄関2.JPG

 

前回コードが出ていた部分は、このような間接照明となりました。

木に当たった光が落ち着きを与えてくれます。

 

○キッチン.JPG

 

続いてはスギ板を壁全面に張った対面キッチンです。

床のカラマツと相性バッチリです。

 

DSC_2067.JPG

 

以前紹介した棚はこのように仕上がりました。

 

○赤松梁.JPG

 

リビングの天井のアカマツもとてもきれいに収まっています。

キッチン・リビングとも県産のスギ・カラマツ・アカマツに囲まれ、

柔らかな雰囲気で落ち着いた空間となっていますね。

 

○洗面化粧台.jpg

 

こちらは洗面化粧台。

カウンターはスギの1枚板を使っています。

 

○ワークスペース.jpg

 

コーナーには、スギ板で作ったワークスペースもあります。

 

○フリースペース2.JPG

 

○階段.JPG

 

ところどころに見える四角い空間は、

明り取りとしても効果を発揮します。

 

○和室1.JPG

 

最後は和室です。

 

○和室2.JPG

 

和室にもふんだんにスギが使われ、落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

 

 

 

木質空間にこだわったリフォーム、いかがでしたでしょうか。

岩手の木を存分に使って、温かみを感じられる家が完成しました。

 

 

 

(文章:木の家ナビ事務局)

 

 

お問い合わせ先

蠅罎す房

TEL:019-688-4528

FAX:019-688-4582

メールアドレス:info@yui0123.com

HP:http://www.41-ie.com/


(有)米沢工務所 自社事務所ショールーム改装工事(施工中編)

(有)米沢工務所

(文章:木の家ナビ事務局)

 

岩手県産材をふんだんに活用した、おしゃれで快適な空間を体感するショールーム工事が現在、西和賀町内の米沢工務所さんの自社事務所の1室にて行われています。

 

 

IMG_6629.JPG

 

床や壁には岩手県産のナラやオニグルミの板が敷かれています。

今回は板を斜めに張っていく「ヘリンボーン張り」に挑戦中です。

大工さんの時間と手間がとてもかかる張り方ですが、自社の大工さんが責任を持って、丁寧に張り進めていきます。

 

 

IMG_6294.JPG

 

こちらは県産オニグルミの天板です。

岩手にはいろいろな種類の木が山にあります。

こうした木を使えるのも、岩手ならではの特権です。

 

 

IMG_6326.JPG

 

大工さんが加工を行うときれいな木目が見えてきました。

こちらは何に使われるのでしょうか。

答えは後ほど。

 

 

こだわりは木材だけではありません。

断熱・気密もしっかりと行い、住宅性能を高めています。

工事の様子をお伝えします。

 

 

IMG_5221.JPGIMG_5242.JPG

 

古い内壁を解体していくと、外側の壁まで見えて来ました。

 

 

IMG_6094.JPGIMG_6121.JPG

 

湿気防止のシートを張り進めていきます。

サッシはドイツ製のトリプル樹脂サッシです。かなり性能の高いサッシです。

 

 

IMG_6336.JPGIMG_6343.JPGIMG_6367.JPGIMG_6408.JPG

 

ふかふかの断熱材をぎっしり壁に吹き込み、隙間もしっかりシートとテープで塞ぎます。

夏は外は暑くても中は涼しい、逆に冬は暖かい。

実際にお邪魔したこの日は、施工中にも関わらず外気温が30℃以上なのに、室内は25℃前後でとても過ごしやすい。

もちろん冷房等の機器は使用していなくて、この性能です。これには驚きです。

 

 

IMG_6660.JPG

 

内装工事も終盤に差し掛かってきました。

ナラのヘリンボーン床板とオニグルミの壁板もほぼ完成です。

 

 

DSC_0024.JPG

 

オニグルミの天板は棚板に生まれ変わっていました。

置いてある器は、同じく西和賀町内に工房を構えている藤原隼さんの作品です。

県産のナラ、サワグルミ等で作られた器は、木材が持つ自然な曲線を活かした形に仕上がっています。

 

 

DSC_0020.JPG

 

こちらのショールーム完成イベントは10月末から11月初めにかけて行われる予定です。

イベントでは藤原隼さんの作品が展示・販売されるほか、同じく西和賀町内のパン工房「Korva」(コルヴァ)さんのパンの試食が行われる予定です。

 

食欲と芸術の秋にぜひ西和賀町の米沢工務所さんへお出かけください。

こちらのオープンイベントも追って、お知らせ致します。

 

 

お問い合わせ先

 

(有)米沢工務所

ホームページ https://yonezawakoumusyo.bizmw.com/

 


蠅罎す房 木質空間にこだわったリフォーム現場レポート

蠅罎す房

 

 

 

今回は、蠅罎す房の木質空間にこだわったリフォーム現場をご紹介します。

 

29.9.5 ?.jpg

 

29.9.5 ?.JPG

 

玄関から入るとまず目に入るのは、県産アカマツの梁と県産スギの天井材です。

 

家に入った瞬間から木の暖かさを感じられます。

 

29.9.5 ?.JPG

 

ちょっと目を移すと、何でしょうか。

コードが出ています。

 

どんな仕掛けになるのか気になりますね。

 

29.9.5 ?.JPG

 

こちらはキッチンスペースです。

 

対面型キッチンで、奥には木製の作り付け棚が見えます。

 

29.9.5 ?.jpg

 

こちらも県産スギを使った棚で、無垢の木を知り尽くした大工さんによる手作りです。

お施主さんの使いやすいよう、ご要望に合わせて作っていきます。

 

29.9.5 ?.JPG

 

壁にはこんな遊び心のある空間も。完成するとどのようになるのでしょうか。

 

29.9.5 ?.JPG

 

 

29.9.5 ?.JPG

 

リビングの天井や軒の梁にも県産アカマツを使用し、落ち着いた木質空間を作り出しています。

こちらの現場、完成まであと少しです。

完成後の様子もアップしていきますので、ぜひ施工中の姿と完成した姿を見比べてみてください。

 

 

(文章:木の家ナビ事務局)

 

お問い合わせ先

蠅罎す房

TEL:019-688-4528

FAX:019-688-4582

メールアドレス:info@yui0123.com

HP:http://www.41-ie.com/


ちいろば設計  鉄筋コンクリート造マンション・ガレージ リフォーム事例(盛岡市)    リフォームで、内部空間が木の香りにつつまれました!

ちいろば設計

 

 

構造は鉄筋コンクリートですが、リフォームで、内部空間は、まるで木造家屋のように、木の香りに包まれました!

 

After

525.JPG

 

486.JPG

 

526.JPG

 

516.JPG

 

Bfore

996.JPG

 

992.JPG

 

要所に柱や梁を配し、壁と天井の仕上げは珪藻土塗りに。床は無垢板に変えました。

木質感が増し、温かさが感じられる和の雰囲気に。

これまでリビングとキッチンを仕切っていた壁を撤去し、くつろげるオープンなリビングダイニングキッチンに大変身しました。

キッチンの背面には木のカウンター収納、サニタリーへの出入口には、杉板の舞良戸。

さりげなく木の造作が、空間を彩っています。

 

 

こちらは、ガレージを、土間付きの和室にリフォームした部屋。

 

After

157.JPG

 

156.JPG

 

205.JPG

 

278.JPG

 

272.JPG

 

Before

109.JPG

 

ビルの内部だから、屋根はないけれど、天井は勾配で、和室から土間までタルキ架け下げのデザインにしてみました。

和室は障子で仕切っただけの開放的な空間。

障子を開けば、玄関土間ともつながり、壁に掛けられた絵を部屋からも観賞できます。

土間通路には1枚板のタモのカウンターが連続し、壁面が上下に分けられています。

足元には植物の鉢や照明器具、カウンター上には花やオブジェなど思い思いのものを飾ることができます。

壁は和紙貼り。内装に柱や梁など無垢の木を取り入れたことから、建物の中にいれば、鉄筋コンクリート造であることを忘れさせてくれます。

“木の魔術”と言えるかも知れません。

家主は画家。息子も造形作家というご家族。

ピアノも趣味とあって、近隣に気兼ねなく、暮らしを存分に楽しみ、縛られない自由な使い方で、創作意欲が湧いてくれるようにと願って設計してみました。

部屋にこもって制作、開け放って作品観賞、障子の開閉は思いのままです。

 

 

(文章:ちいろば設計)

 

お問い合わせ先

一級建築士事務所ちいろば設計

TEL:019‐624‐8939

FAX:019-613-3373

HP:http://chiiroba.la.coocan.jp/

 

 

 

 


(株)グッドワンリフォーム 築40年以上のお住まいを太陽光+オール電化住宅リフォーム

築40年以上のお住まいを太陽光+オール電化住宅リフォーム!!

gor_photo_11.jpg

gor_photo_9.jpg

通風・断熱・耐震を大幅強化しました。

具体的には・・・

・1階の和室+縁側を広い和モダンな洋室にリフォーム

・1階の玄関外装、2階の内装の素材に温かみのある県産材をふんだんに採用

・2階を間取り変更を含めた全面リフォーム

・非常時の電源にも利用でき、月々の生活費負担を和らげる太陽光発電システム

・省エネ住宅エコポイント対象工事

gor_photo_21.jpg

gor_photo_6.jpg

gor_photo.jpg

その他の現場情報や、見学会情報などは、ホームページからご覧いただけます。
下記よりアクセスお願いします。


お問合せ先
(株)グッドワンリフォーム
ホームページ http://www.good1r.co.jp/

(有)杢創舎 岩泉リノベーション完成報告

文章:いわて木の家ナビ事務局

もともと納屋として使われていましたが、見事な住まいへと生まれかわりました。

3.外部完成.jpg
壁には地元岩泉の土を材料とした土壁が採されています。
とてもこだわりが感じられます。


5.吹抜け部より.jpg
吹き抜け部分より1階を臨む


6.玄関側を望む.jpg
材料の多くは古材が使われています。
まるで隠れ家的な旅館に来た感覚になります。
ホッと安らぐ空間です。


1.土を塗る.jpg
土壁は丁寧に職人さんが塗り進めました。


4.2階改修後.jpg
二階部分。
豊富な収納棚も魅力です。


2.稲を描く.jpg
稲を描く。


古材、土壁、共に職人の存在と、それを活かす技術がないと成り立たないものですが、今回のリノベーションではその二つが見事に融合し、どこか懐かしい感じ、心地よさを体感できるお住まいだったと思います。

このほかの現場情報や完成物件情報も以下、ホームページからご覧になることができますので、チェックしてみてください。


(有)杢創舎
ホームページ
http://www.mokusousya.com/index.html






















 

(有)清水畑建設 盛岡市北山の家リフォーム工事

現場レポート(リフォーム編)

(有)清水畑建設 盛岡市北山の家

築40年の住宅が、暖かく木の温もりが感じられるお住まいへと生まれ変わりました。

 
DSCF1263[1].jpg
照明や家具にもこだわったお住まいは、落ち着いた空間に仕上がっています。
素足でも気持ちが良い床板は、県産赤松です。


R0023139[1].jpg
こちらはリフォーム前。
腐食の進んだ材料の交換、耐震補強材の設置、断熱改修も併せて行いました。


DSCF1285[1].jpgDSCF1233[1].jpg
DSCF1253[1].jpgDSCF1280[1].jpg

R0023246[1].jpgR0023221[1].jpg
オーダーメイドの玄関扉や建具。
さりげない所にも、機能性、使いやすさを重視しています。

R0023251[1].jpg
食器戸棚やマガジンラックなども全てオーダーメード。
自社大工だからこそ、お客様のご要望に合わせお作りできます。

現場情報満載のホームページは、以下からチェックお願いします。

(有)清水畑建設
 HP http://shimizuhata.jp/

(有)杢創舎 「鉈屋町町屋のリノベーション」完成報告

森の棟梁 現場レポート

(有)杢創舎

盛岡市鉈屋町の築100年以上の古民家リノベーション工事が竣工しました。


P1310433.JPG

《文章:杢創舎 澤口社長》

古き良き町並みが残る盛岡市鉈屋町。
「出来るだけ古い姿を再生しながら、新しい部分も違和感なく溶け込ませたい」とのご要望でした。

断熱性能は出来るだけ高めましたが、ご覧の通りの古建具の再利用で隙間が多く
新築的に完全ではないものの、以前に比べかなり寒からずのお住まいにはなりました。
しかも結露はしないので、超気密完全断熱ではなくとも不思議と不足感を感じない気がします。


1.改装前の台所.JPG

改装前の台所で寒さを凌ぐために天井が張られていましたが、屋根に断熱を400估れて天井は外しました。


2.改装後の台所.JPG

改装後の台所です。以前は既製品のフロアーで物凄く冷たかったのですが、
床下を防湿して栓の無垢床を張ると暖かくなりました。
流し前カウンターなども外した床板の再利用です。


3.リビング天井側.JPG

1階の天井を外して吹抜けを設け、断熱してから柾板を張り込みました。
柾板は施主様の倉庫からの発見材で青森ヒバでした。


4.リビング床側.JPG

リビングの床面はやはり栓の無垢床ですが、建具の敷居が斜めで隣の畳がそれに合わせて斜めなので苦労しました。
取り外し可能なテーブルはケヤキ材での造り付けです。


5.建具再生.JPG

建具の細い千本格子も折れたり取れたりしていたのですが、修理して格子を付け直し古色仕上げにて自社で再生しました。


6.建具再利用.JPG

古い建具のガラスや格子が素敵なので、各所で再利用させていただきました。


7.通路土壁.JPG

一度現地で落ちてきた土壁の土を篩にかけて不純物を取り除いてから、再度塗り込んでみました。
下地処理に一工夫したので落ちてきませんから、昔のままだけでなく現代の材料の良さとの組み合わせで行けると感じました。


岩手の山からいただいた無垢材の恩恵は、100年が経過しても朽ちずにまだまだ長期に使えると云う素晴らしさだと思います。
地場の無垢材を多用することは未来へゴミを送り込まない良さも感じます。
土さえもこうして再利用できる手応えを得て楽しく仕事をさせていただきました。


詳細・お問い合わせ先
(有)杢創舎 好摩事務所
 TEL:019−601−5192
 Mail:moku@myad.jp
 HP:http://www.mokusousya.com/


(有)杢創舎 県産木材が香る築85年住宅のリノベーション

(有)杢創舎


矢巾町で築85年のリノベーション工事が行われました。


縁側改装後.jpg


◎外装

改装前
玄関側改装前.JPG


改装後
玄関側改装後.jpg


◎出腰窓

改装前
出腰窓改装前.JPG

改装後
出腰窓改装.jpg

外壁は、地場の杉無垢板を貼り込みました。


◎内装(居間)

改装前
居間改装前.JPG

改装後
居間改装1.jpg
居間改装3.jpg

居間は、和室通し間4室を1室にしながら、天井を一度外して構造を露わにしながら、
屋根下面に再度外した天井を貼り込んだものです。


◎内装(廊下・洗面所)

改装前
廊下改装前.JPG


改装後
廊下改装2.jpg

廊下改装1.jpg

洗面.jpg

内部の床は、南部赤松や杉の無垢材です。


「出来るだけ85年刻まれた美しい姿をそのまま残すことを心掛けました。
それでいて、断熱性能は出来るだけ高めて暖かな空間に改装されています。
85年の時間の流れを止めずに、今後も長期に維持できる『200年住宅』を目指しています。」
(コメント:澤口社長)


他にも、現在進行中の物件などの情報は以下のホームページからご覧頂けます。
ぜひ、ご覧ください。

お問い合わせ先
(有)杢創舎
 http://www.mokusousya.com/
 


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode