(有)くらし建築工房 旧宅の思いを受け継ぐ改築工事が竣工しました

森の棟梁現場レポート

奥州市内で、県産材をふんだんに使用した二世代同居の改築工事が行われました。


IMG_1050.JPG

施工後


IMG_9856.JPG

施工前


《文章 森の棟梁事務局》

お話をしてくださったのは、中村社長さんです。

「お施主様へは、思い出の詰まった家を壊さず、そのまま利用する全面改築をご提案しました」

当初は建て替えをご検討されていたそうですが、思いの詰まった旧宅を活かすということで改築工事に決まったそうです。

「工事を進めていく上でのご要望としては、二世代同居で心地よく過ごせるように、暖かくすごせるようにの二点でした。断熱対策をしっかり行いながら、岩手の木をふんだんに使った居心地の良い空間づくりを行いました」

確かに内外装問わず、たくさんの木材が使われています。


◎ 小屋裏 → 中二階の空間

IMG_0680.JPG

小屋裏の壁天井を解体し、梁を現わしに。


IMG_0870.JPG

既存の梁を利用しながら、必要に応じてカラ松(県産)の梁も設置。
屋根天井には杉(県産)の羽目板を張りました。


IMG_0961.JPG

小屋裏だった空間は、隠れ家的な中二階へと生まれ変わりました。


◎ 居間



施工前の居間と廊下


IMG_1020.JPG

中二階からみたリビング。床にはカラ松(県産)を張りました。


IMG_0964.JPG

木の心地よい香りが広がるリビングへと生まれ変わりました。


◎ お座敷 → 板張りの居室

IMG_9840.JPG

施工前


IMG_0979.JPG

既存の付鴨居を活かしながら、腰壁と床板には杉(県産)を張りました。


「長い時間を共に過ごしてきた住まいとの思い出は、かけがえのないものです。
また、木材は年月を経るごとに味が増していくものだと思います。既存のものを活かすのは改装工事の強みですので、お気軽にお問い合わせください」

長く住まうことで価値の増すもの。
使っては捨ての今の時代にあって、改築の良さを改めて認識したお住まいでした。

リフォーム専門店である「くらし建築工房」さんの、ホームページは以下からご覧下さい。
ホームページ http://www.kurashi-inc.com/

(有)清水畑建設 岩手県産材の温もりがあふれる多目的スペース

森の棟梁 現場レポート

盛岡市内のビルの1室に、岩手県産材の温もりがあふれる多目的スペースが完成しました。


RIMG0006.JPG


《文章 森の棟梁事務局》

お部屋に入った瞬間に木の香りが広がります。
約40畳の広い空間の床には、県産ナラの床板が敷かれていました。

お話をして下さったのは、清水畑専務です。

「こちらのオーナーさんからのご要望は、ビルの中にありながらも、くつろげる多目的スペースにしたいということでした。岩手は広葉樹の産地ですし、せっかく使うのであれば愛着の湧きやすい木ということで、どんぐりの木のナラを使うことにしたんです」

どんぐりの木を床に。
確かになんだかわくわくしますね。


RIMG0002.JPG

「床板1枚1枚見ても、赤っぽいものもあれば、白っぽいものもあります。このランダムな感じが、自然素材の良さです」

狙っては出せないランダム感。
デザイン的にも意外とありです。

「壁は自然素材の珪藻塗料を塗っています。木材と同じで調湿効果があるので快適な環境になると思いますよ」

ナラと珪藻のコラボレーションです。


一般住宅の新築やリフォームはもちろんですが、こうしたビルの改装工事も得意とする清水畑建設さん。
現場や見学会の情報はホームページにて、随時アップするとのことですので、そちらをチェックしてみて下さい。

(有)清水畑建設ホームページ
http://shimizuhata.jp/
 

菅原木工 県産羽目板を使った改装工事が完了しました

森の棟梁 現場レポート

《文章 森の棟梁事務局》

県産材を使用した改装工事が完了しました。
お話ししてくださったのは、担当の菅原さんです。

DSC09972.JPG

「和室を子ども部屋に改装しました。お施主様のご要望で天井を板張りにしたのですが、県産杉の羽目板です。羽目板は浮造りという仕上げで、木の年輪を引き立たせるようにしました。天井のみ板張りにすることで、ワンポイントとなるようにしました」

よく見ると張り方に工夫があります。

「ちょっとした遊び心で、斜めに板を張っています。見た目も普通に張るよりも洋風になるんですよ」

確かに。張り方を変えるだけで印象も変わりますね。


DSC09979.JPG

天井の外周部分は、彫り込んでいて中にLEDの間接照明が取りつけてありました。
照明を外にすることで、天井の板張り部分が際立ちます。

「天井の塗装には『リボス』というドイツの自然塗料を使用しています」

環境国のドイツでは自然塗料の生産が盛んです。
原料も松ヤニや蜜蝋を主成分としているのものが多いので、体にも優しく、木との相性もばっちりです。


菅原木工さんでは、何と神社仏閣の工事も得意としているそうです。
作業場にも大工さんが手で掘った、お寺で使用する材料が置かれていました。驚きです。

「我が社は自社大工です。神社仏閣などの伝統的建築物の工事から、一般住宅の新築、ちょっとした改装工事など、幅広く承っていますので、お気軽にご相談ください」

菅原木工さんのホームページは以下からご覧いただけます。
http://mokkousan.web.fc2.com/


長澤紗織設計室 8種類の木材を使ったリフォーム工事(完成編)

森の棟梁現場レポート

以前もご紹介させていただきました、8種類の木材を使ったリフォーム工事が完了しました。
以前の記事は「こちら」から。

《文章:森の棟梁事務局》

リビング

3パーテーション赤松リブ.JPG
床板:桜 (県産)  パーテーション(右奥):赤松(県産)

床板は蜜蝋ワックスを、パーテーションは松ヤニを原料としたオイルで仕上げました。
共に体に優しい自然塗料。
板に染み込む浸透性の塗料なので、触っても木の温もりが伝わってきます。
無垢の木との相性は抜群です。

1リビング床桜天井杉.JPG
床板:桜 (県産)  天井:杉 (県産)

2小上がりに座って薪ストーブでくつろぐ.JPG
小上がり腰板:桐(雫石産)  小上がり框:赤松(宮古産)


リビング‐ダイニング仕切り

4パーテーションとドア赤松リブ.JPG
パーテーション(収納扉棚)・ドア:赤松 (県産)  

職人さんも巻き込んだチャレンジの末、完成した綺麗な弧を描くパーテーション。
実は下にキャスターがついていて、可動のパーテーションなんです。
裏側は収納棚になっていて、見た目だけでなく実用性にも優れています。


キッチン

5ダイニングからキッチンを見る.JPG
カウンター(中央):ニレ(県産)  化粧鴨居(中央上):桐(雫石産)

化粧鴨居の桐は、お施主様の倉庫にずっと眠っていた材料を使いました。
職人さんの力で古材もピカピカに蘇ります。


代表の長澤さんはおっしゃいます。

「設計をする際は、デザイン性はさることながら、ご家族の生活スタイルに応じた実用性、使い勝手にも配慮した設計が大切だと思いますが、プラスアルファで素材にもこだわりを持つことが大切だと思います。私の場合は、とりわけ県産無垢材をお勧めしております。地元の木の温もりに囲まれながらの生活は本当に気持ちが良いですよ」

素材にもこだわる長澤紗織設計室さんのホームページは、以下からご覧頂けます。

長澤紗織設計室
ホームページ http://homepage3.nifty.com/ns-sekkei/profile.html


長澤紗織設計室 8種類の木材を使ったリフォーム工事が完成間近です

森の棟梁 現場レポート

盛岡市内で、8種類のバリエーション豊かな木材を使用したリフォーム工事が完成間近です。

RIMG0027.JPG

《文章 森の棟梁事務局》

お話しをしてくださったのは、室長の長澤さんです。

「今回の工事は、お子様の遊び場だったスペースを、そのお子様の成長に合わせ、ご家族団らんのリビングへリフォームすることと、中庭を眺めながらゆっくり食事をするためのダイニングスペースを設けることが、お施主様のご要望でした」

お部屋を見回しますと、実に多くの木材が使われております。
ベンチ(写真中央)には、タモ(北東北産)の1枚板、キッチンカウンター(写真右)にも、ニレ(県産)の1枚板が使われており、さらに腰壁にはお施主様の倉庫に眠っていた桐の板が張られていていました。

「なるべく手持ちの材や再利用出来る材を活用して欲しいご要望でしたが、同時に出来るだけたくさんの種類の木を使うことを想像しながら設計しました。ちょっとした遊び心だと思うのです。お施主様にもたくさんの無垢材のハーモニー感じて頂ければ嬉しいです。」


RIMG0029.JPG

ベンチ:タモ1枚板(北東北産) 腰壁:桐(ずっと倉庫に眠っていた材) 窓台:栗(県産)


リビングスペースとダイニングスペースの仕切りには、県産赤松の収納棚扉とドア。
弧を描くR型のデザインは、一際目を引きます。

RIMG0034.JPG

「設計当初は、Rのパーテーションのイメージでしたが、来客の際は仕切りとして使い、通常は開放的にすることを考慮して、可動式の収納棚扉となりました。これはお施主様の発案で職人さんも巻き込んでのチャレンジでした」


RIMG0035.JPG

県産赤松の稼働扉の裏側には収納棚が内蔵。少しのスペースも無駄にしません。
また、リビングスペースの床板は県産桜を敷いています。
白色の赤松と赤色の桜がお互いを引き立たせています。


RIMG0043.JPG

リビング収納棚天板:ニレ1枚板(県産)
ダウンライトの光が優しく照らし出します。


RIMG0047.JPG

小上がり畳スペース框:赤松(県産) 腰板:桐(雫石産)


RIMG0039.JPG

天井:杉羽目板(県産)


「岩手は全国的にも有名な広葉樹の産地です。だからこそ地元の方にたくさんの種類の木を知って、使って頂きたいですね。そうした家づくりは本当に楽しいですよ」
と、長澤さん。

本当に岩手の木が大好きな設計士さんでした。

お問い合わせ先
長澤紗織設計室
http://homepage3.nifty.com/ns-sekkei/


(有)くらし建築工房 県産木材が香る自社打合せ室

森の棟梁 現場レポート

《投稿:森の棟梁事務局》

今日は、盛岡市山岸にあります「(有)くらし建築工房」さんにお邪魔しております。

こちらはリフォーム専門店。
水回り、エクステリア増改築、バリアフリー、居室の増改築・・・
あらゆるリフォーム工事を承っているとのことです。

応対して下さったのは代表の中村社長。
趣味はバイクに登山と、非常にアクティブな社長さんです。

さっそく自社の打合せ室を拝見させて頂きます。


DSCF1441.JPG

入った瞬間に木材の心地よい香りが広がります。

床は県産カラマツを敷いてます。
このカラマツ意外と知られておりませんが、全国どこにでもあるわけでなく、本州では岩手県と長野県が主な産地で、実は希少価値が高い木です。
年月が経るうちに、深みのある飴色に経年変化していくのは、無垢の床板ならではの楽しみです。
また、程良い堅さで踏みごこちも「裸足で歩きたい」と思わせてくれるほど、非常に気持ち良いです。

テーブル板には、こちらも県産のセンの木を贅沢に使用しており、木材本来の曲線をそのまま活かした仕上りが、部屋の雰囲気とマッチしています。
手触りも心地よく、打合せもはかどりそうです。

こうした県産の木材を使用したリフォームも、もちろん得意としているとのことですので、お気軽にご相談下さい。


(有)くらし建築工房ホームページ
http://www.kurashi-inc.com/index.php


岩手の山と海の恵みを取り入れる住まい 長澤紗織設計室

現場レポート 長澤紗織設計室

盛岡市内にて、岩手の山と海の恵みを取り入れたお宅の改装工事が進んでおります。

始めに海の恵みです。
壁は漆喰仕上げで、塗りの最中です。

DSCF0641.JPG


漆喰の原料は岩手三陸産のカキの殻です。
このカラを細かく砕いて粉状にしたものに、つなぎである麻すさ、つのまた糊、酸化チタンを加えて
漆喰の原料を作ります。

こちらが麻すさ。

DSCF0643.JPG


漆喰粉末に水と麻すさを混ぜます。

DSCF0645.JPG


漆喰の出来あがりです。

DSCF0632.JPG


丁寧に塗っていきます。
磯の香りがほのかにあります。

DSCF0630.JPG


「カキの殻の多くは、何も利用されずに捨てられていましたが、漆喰壁に利用することで、
シックハウスを引き起こす室内の化学物質や、タバコなどの臭いを吸着・分解する働きがあります。
無垢の木材との相性も非常に良いので、貴重な岩手の資源として今後も設計に取り入れたいです」
と室長の長澤さんはおっしゃいます。


続いて山の恵みです。
床は大工さんの手で、岩手県産の桜の床板が敷かれています。
桜の板材は淡いピンク〜赤色をしており、桜の花を連想させてくれる色合いです。

写真 001.jpg


桜などの広葉樹は、幹が真っ直ぐ育ちにくいため、なかなか長い材料を作ることができません。
そのため、節などの部分を除くと、無垢材ではせいぜい40センチから90センチ程の長さです。

「その1枚1枚は、木目や色も微妙に異なりますので、大工さんもただ適当に敷くわけではなく、
仕上がりを見据えて色の似た板で揃えて敷く、隣の板と長さが揃わないよう、ランダムに敷くなど、
パズルのピースを埋め込んでいくような、センス・工夫が必要になります。こうした一手間が
有るか無いかで、仕上がりが全く違ってきます」
と長澤さん。

上流の山があり、私たちの暮らす村、町があり、下流、果ては海へ。
山と海は繋がっているとは言うものですが、まさにそれを体現させているお宅でした。

次回はいよいよ完成した様子を報告します。

岩手の山の素材をデザインに活かす家 長澤紗織設計室

現場レポート

女性らしさのきめ細かなご提案と、素材本来の持ち味を活かした家づくりに定評のある長澤紗織
設計室が、盛岡市内にて岩手の木材を使った改修工事を行ってます。

今日は室長の長澤さんが、改修へ使用する木材を選びに盛岡木材流通センターへやってきました。

盛岡木材流通センターは、丸太の市場で、毎月1回、丸太の競りを行う場所です。
市場には岩手の木材はもちろん、秋田、青森、北海道などから約70種類以上の木の丸太が
集まってきます。

市場の土場には、丸太だけでなく丸太をスライスした天板や、角材などもストックしてあり、
月1回のペースで、長澤さんは木材の仕入れに来ています。

DSCF0606.JPG
(写真:左 室長の長澤さん)

「木材1本1本が持つ曲線、節、年輪といった個性を見て、デザインをイメージしていきます」
と、長澤さん。

「それは決してカタログでは分かりません。実際に目で見て肌で触れ、イメージを膨らませることで、木材から設計に活かすように心がけています」と語ります。

今回の改修工事分では、さっそく2間(3.65メートル)ものの、県産クリの天板を仕入れ、
節穴や曲がりを活かした、窓台カウンターなどに使うイメージを膨らませたようです。

DSCF0602.JPG


「来るたびに面白い発見がありますね。このセンの木は面白い木目をしているので、次回設計する物件に使いたい」と、本当に岩手の木材が大好きな様子が伺えます。

こちらの現場では、県産サクラの無垢床板も、敷く予定とのことです。
次回の現場レポートでは、内装工事の様子をお伝えします。



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode