住工房森の音 地元の木を使った暖かな火を囲む家

森の棟梁 現場レポート 住工房森の音(有)美建工業

雫石町に地元の木をふんだんに使ながら、ご家族みんなで暖かな火を囲む家が完成しました。
今日は完成見学会にお邪魔してきました。


DSCF1375.JPG

リビングは明るい白を基調とした空間。
そこに自然な色合いの数々の県産木材がアクセントとして、美しく映えます。

表わしにもなっている梁には、樹齢50年生程の盛岡市新庄産のカラマツ。
床板にはややピンクがかった色で、その色合いを楽しませてくれる無垢のサクラ。
キッチンカウンターには、程良い重厚感を与えてくれる一枚物のクリ。


DSCF1382.JPG

さらに階段材には、美しい木目で知られる南部赤松。
踊り場から入れる書斎スペースのカウンターには、やや白色がかった優しい色合いのセン。

それぞれの木が個性を発揮しながらも、全体としてうるさ過ぎない、非常に調和のとれた
心地よい空間でした。


「木材をふんだんに使った家だとどうしても、「昔ながらの和風」というイメージを持つお客様が多いと思うのですが、施工を工夫すればモダンな仕上がりにすることも出来ます。例えば、角を極力見せないようにする治め方を行ったり、表わしとなる材料の厚みも、出来るだけシャープにしたりするようにしています」

と、お話しをしてくださったのは、現場監督の大平さん。

なるほど。
自社大工で腕のある職人がいて、細部のデザインまで現場管理を行う監督さんがいるからこそ
可能な住まいなんですね。


DSCF1376.JPG

「さらにこちらの住まいでは、冬場の寒い時期には、ご家族皆で暖かな火を囲みながら、ゆったりとした生活を送れるように、薪ストーブを設置しました。フィンランド製のストーブなんですが、お施主様こだわりのストーブで、暖をとりながらお料理をすることも出来るんですよ」
と、現場監督の山内さんはおっしゃいます。

ご家族みんなで、火を囲んだり、お料理をしたり、想像しただけでも楽しいですね。


木材はもちろんですが、そのデザイン性へのこだわり。
さらには、お施主様ご家族のライフスタイルに寄り添ったお住まいでした。


若葉建築デザイン一級建築士事務所 愛犬と暮らす県産材住宅が上棟中です

現場レポート 若葉デザイン一級建築士事務所

盛岡市鉈屋町に冬晴れの中、県産材を使った住まいが着々と上棟しております。
土台と梁桁部分には、県産の唐松集成材を使用、また、柱には国産の杉が使われておりました。

DSCF0703.JPG


「こちらのお宅は、若いご夫婦が愛犬と共に暮らす住まいです。県産木材をふんだんに使い、ワンちゃん専用のシャワールームも取り入れることで、共にリラックスできる空間を設計しました。また、ライフスタイルの変化に伴う間取りの変更をしやすいように、将来を見据えた設計もおこなっております」
と、代表の村上さん。

また、内部造作材には赤松、朱里桜、イタヤカエデなど様々な種類の県産材が使われる予定です。
「造作材の一部は、お住まいになる方がご自身で選定され、製材の様子は一緒に見に行きました。また、薪ストーブを取り入れる予定です。暖かな炎を楽しめますし、災害時のバックアップにもなるというお考えで採用されました」と、村上さん。

DSCN0229.jpg


設計事務所の強みを活かし、お施主様のライフスタイル、こだわりに応じた設計はもちろんですが、素材にもこだわった家づくりを行っていると感じることが出来ました。

こちらのお住まいは、見学会も予定されているとのことです。
詳細が決まりましたら、改めてご案内したいと思います。

(有)木の香の家 水に沈む県産最強の木を框に使う住まい!?

(有)木の香の家
2本立てで現場レポートを行います。

 現場レポート1 県産杉と南部赤松が上品な和室を演出

遠野市内で、現在工事中の現場です。
こちらでは、クロス工事も始まっており、工事も大詰めを迎えております。




鴨居、窓枠、窓台、長押など、県産杉が使われています。
球の形をした照明器具と無垢の材料が、良い感じです。

DSCF0662.JPG


4メートル強の長尺の鴨居です。
赤白がくっきり目立ちます。

DSCF0666.JPG


引込戸の縦枠、綺麗な白身の県産杉です。

DSCF0664.JPG


現場レポート2 水に沈む県産最強木「オノオレカンバ」を框に使う

北上市内で建築中の現場。
非常に希少価値が高く、堅く、重い框の材料が納材されました。

DSCF0658.JPG
(光っています。杢と呼ばれる波打っている模様が浮き出ており、古木に多く見られます。)

その名も「オノオレカンバ」
「斧が折れるくらい堅い木」というだけあり、非常に重い木です。

その堅さの秘密は、成長速度が非常に遅く、目が詰まっている(年輪と年輪の間のすき間が極少)ため、
非常に緻密な形を成しています。

1年で数ミリしか成長しない木です。
年輪もびっしり。
生涯、これだけ太い角がとれるオノオレカンバは、もうお目にかかることは無いかもしれないです。

DSCF0659.JPG


非常に完成が楽しみです。

(有)清水畑建設 「みたけの家」完成レポート&木材センター見学

(有)清水畑建設 

現場レポート1 

盛岡市みたけに「みたけの家」が完成しました。

R0019592.jpg

岩手県産の木材をふんだんに使用することで、「住みたい岩手の家づくり促進事業」の助成を
受けています。

以前、現場レポートでもお伝えしました通り、唐松の集成梁や床下地板が現しとなった天井は
こちらの住宅のみどころの1つです。もちろん、県産木材を使用しています。

R0019613.jpg
      (天井と造り付けの家具)


現場レポート2

今後、岩手県産材を住宅へ取り入れていく上で、地元の森林、樹木、材料についての知識や情報を
把握しておくことは、大変重要です。

そこで、丸太の市場でもある盛岡木材流通センターへ材料の下見も兼ねて、見学をしてきました。

杉、赤松などの針葉樹の他に栗、ナラ、クルミなどの広葉樹併せて、70種類以上の丸太があるほか、
栗、セン、ケヤキなどの広葉樹天板もストックしてあり、窓台やカウンターなどワンポイントで使用しても、おもしろい住まいが出来そうと感じながら見学を行いました。

DSCF0678.JPG

一言で県産材と言っても木の種類により、材料の色あいや表情が全く違います。
木の家づくりに不可欠なのは、良い材料はもちろんですが、それを調理する大工が非常に重要です。

当社の大工は木を良く知る自社大工です。
地元の木で家を建てたい方はもちろん、ちょっとした改装やリフォームなどお気軽にご相談下さい。

詳細・お問い合わせ先
(有)清水畑建設
http://shimizuhata.jp/

ちいろば設計 蒼前山荘 「無綺羅坊」完成レポート

 ちいろば設計 現場レポート

以前、現場レポートで掲載しました住宅がこの度完成しました。。
「住みたい岩手の家づくり促進事業」の助成を受けて建築致しました「岩手型住宅」です。

(※「岩手型住宅」とは、岩手の厳しい気候でも環境に優しい生活ができる「省エネ性」を持ち、
 かつ、岩手の風土に適した「岩手らしさ」を備えた住宅です。)

チャグチャグ馬コで知られる鬼越蒼前神社の懐にたたずむ、真壁木組みの住宅です。
赤松・杉・唐松・栗などの県産無垢の木材を使い、下見板と漆喰壁で仕上げています。
自然素材の経年変化が楽しめる質実な家づくりを目指しました。

薪ストーブ.jpg

県産木材の活用と、木質バイオマスエネルギーの活用も勧めています。

ダイニング.jpg

外に対しては、南側に深い庇と障子で日射を調整。
内部空間では、襖、障子、舞良戸、無双窓で、空気の流れを調整。
建具の開閉で部屋の使い方もフレキシブルで、省エネルギーです。
伝統の技と知恵が生かされています。

玄関.jpg


詳細・お問い合わせ先
ちいろば設計
http://homepage3.nifty.com/chiiroba-sekkei/


岩手の山と海の恵みを取り入れる住まい 長澤紗織設計室

現場レポート 長澤紗織設計室

盛岡市内にて、岩手の山と海の恵みを取り入れたお宅の改装工事が進んでおります。

始めに海の恵みです。
壁は漆喰仕上げで、塗りの最中です。

DSCF0641.JPG


漆喰の原料は岩手三陸産のカキの殻です。
このカラを細かく砕いて粉状にしたものに、つなぎである麻すさ、つのまた糊、酸化チタンを加えて
漆喰の原料を作ります。

こちらが麻すさ。

DSCF0643.JPG


漆喰粉末に水と麻すさを混ぜます。

DSCF0645.JPG


漆喰の出来あがりです。

DSCF0632.JPG


丁寧に塗っていきます。
磯の香りがほのかにあります。

DSCF0630.JPG


「カキの殻の多くは、何も利用されずに捨てられていましたが、漆喰壁に利用することで、
シックハウスを引き起こす室内の化学物質や、タバコなどの臭いを吸着・分解する働きがあります。
無垢の木材との相性も非常に良いので、貴重な岩手の資源として今後も設計に取り入れたいです」
と室長の長澤さんはおっしゃいます。


続いて山の恵みです。
床は大工さんの手で、岩手県産の桜の床板が敷かれています。
桜の板材は淡いピンク〜赤色をしており、桜の花を連想させてくれる色合いです。

写真 001.jpg


桜などの広葉樹は、幹が真っ直ぐ育ちにくいため、なかなか長い材料を作ることができません。
そのため、節などの部分を除くと、無垢材ではせいぜい40センチから90センチ程の長さです。

「その1枚1枚は、木目や色も微妙に異なりますので、大工さんもただ適当に敷くわけではなく、
仕上がりを見据えて色の似た板で揃えて敷く、隣の板と長さが揃わないよう、ランダムに敷くなど、
パズルのピースを埋め込んでいくような、センス・工夫が必要になります。こうした一手間が
有るか無いかで、仕上がりが全く違ってきます」
と長澤さん。

上流の山があり、私たちの暮らす村、町があり、下流、果ては海へ。
山と海は繋がっているとは言うものですが、まさにそれを体現させているお宅でした。

次回はいよいよ完成した様子を報告します。

岩手の山の素材をデザインに活かす家 長澤紗織設計室

現場レポート

女性らしさのきめ細かなご提案と、素材本来の持ち味を活かした家づくりに定評のある長澤紗織
設計室が、盛岡市内にて岩手の木材を使った改修工事を行ってます。

今日は室長の長澤さんが、改修へ使用する木材を選びに盛岡木材流通センターへやってきました。

盛岡木材流通センターは、丸太の市場で、毎月1回、丸太の競りを行う場所です。
市場には岩手の木材はもちろん、秋田、青森、北海道などから約70種類以上の木の丸太が
集まってきます。

市場の土場には、丸太だけでなく丸太をスライスした天板や、角材などもストックしてあり、
月1回のペースで、長澤さんは木材の仕入れに来ています。

DSCF0606.JPG
(写真:左 室長の長澤さん)

「木材1本1本が持つ曲線、節、年輪といった個性を見て、デザインをイメージしていきます」
と、長澤さん。

「それは決してカタログでは分かりません。実際に目で見て肌で触れ、イメージを膨らませることで、木材から設計に活かすように心がけています」と語ります。

今回の改修工事分では、さっそく2間(3.65メートル)ものの、県産クリの天板を仕入れ、
節穴や曲がりを活かした、窓台カウンターなどに使うイメージを膨らませたようです。

DSCF0602.JPG


「来るたびに面白い発見がありますね。このセンの木は面白い木目をしているので、次回設計する物件に使いたい」と、本当に岩手の木材が大好きな様子が伺えます。

こちらの現場では、県産サクラの無垢床板も、敷く予定とのことです。
次回の現場レポートでは、内装工事の様子をお伝えします。


(有)岩井沢工務所 盛岡市産材の家 上棟!

現場レポート

盛岡市の地域に根ざして90年余りの岩井沢工務所が、地元盛岡の木材を使った家を建築中です。
先日、無事上棟しました。

DSCF0601.JPG


構造用の柱、梁桁だけでなく、野地板、間柱といった屋根廻り、小骨材なども盛岡市産材です。
梁・桁には粘り強く、横方向からの力に強い唐松を使います。

DSCF0592.JPG


柱には縦方向の力に強い杉を使います。唐松と併せて適材適所の家づくりです。
今回の市産材は、新庄中津川の山の木を製材したものです。

DSCF0593.JPG


土台には湿気や虫に強いヒノキを使用しました。
岩手県は冷涼な気候の為、ヒノキが育ちにくい環境ですが、今回は運よく小岩井農場の
森から出たヒノキを土台に使っています。

DSCF0594.JPG


大工の袰岩さん。
素早く正確な作業で、現場の若手大工を引っ張ります。
大工職人としての技術は、ピカイチです。

DSCF0600.JPG


こちらの現場も、大工職人が手刻み加工した材料を使っています。
棟梁は若手の桐川さんです。
こちらは、墨つけを行っている様子です。

20121023_144149.jpg


ベテラン大工から若手大工への技の継承。
地元の大工職人が地元の木材を使った家を建てる。

岩井沢工務所では、古くから当たり前のように行われてきた家づくりを、今でも続けております。


(有)杢創舎 岩手型住宅兼長期優良住宅

 (有)杢創舎

花巻市に岩手型住宅兼長期優良住宅が完成しました。


花巻外観.JPG

一部外壁に岩手県産の杉板を貼り込みました。


花巻内観.JPG

床や天井に岩手県産赤松や杉など無垢材を使用した、パッシブ採光を取り込む
Q値≒1.0W/㎥・Kの高断熱な住まいです。


サンルーム.JPG

洗濯室からすぐの階段を途中まで上がると、この南面サンルームがあります。
雨の日も雪の日も安心して洗濯物を干すことができますね。
リーズナブルに杉のB品(節材)を使い分けしながら貼り込みました。


バルコニー.JPG

サンルームにつながるバルコニーは、冬場は屋根面からの日射の取得が可能で、
夏場はオーニング等で日差しを遮る事が可能です。
布団も干せて今の時期はとても気持ちがいいこの場所も、地場材無垢で造りました。


家具.JPG

今回は、栓の幅広板で食卓テーブルを造らせていただきました。


手摺.JPG

階段の手摺用に、白樺の板を曲がりに加工して連続性のある手摺を造ってみました。


木材には節が少ない木、多い木、曲がっている木など、人間一人一人個性があるように、
木にも一本一本個性があります。
この個性を見極め、部材として活かすのが大工職人の役割です。
杢創舎さんの大工職人もしっかり、木との対話を行っているように見受けられます。
(森の棟梁投稿事務局)

住工房森の音 製材工場にて床板打合せ&棟梁による墨つけ進行中です

住工房森の音 現場レポート

現在、雫石にて基礎工事中の現場が着々と進行中ですが、先日、こちらの現場で敷く予定の
カラマツ無垢床板の打合せを行いに、製品を生産している製材工場へ行ってきました。

DSCF0554.JPG

岩手はカラマツの代表的な生産地です。
狂いがひどく建築材には敬遠されていた樹種でしたが、近年の乾燥技術の発達により、
現在では岩手ならではの材料として貴重な木になりました。

カラマツ床板の原板です。
二戸市の山のカラマツが、使用されています。
この原板を加工して、床板が完成します。
(正面の女性スタッフが、工場職員の佐々木さん、青い帽子が森の音、現場監督の山内さんです)

DSCF0556.JPG


こちらは、「モルダ―」という機械です。
原板の表面を加工し、きれいなツルツルの状態にします。
さらに、施工時に側面部分でジョイントしやすいように、凹凸の加工を施します。

PA180297.JPG


節部分の凹凸を平らにするために、パテで処理していきます。
何と1枚1枚職工さんの手作業。根気のいる作業です。

DSCF0563.JPG


パテ処理が終わると、仕上げの加工を行います。
「サンダー」という機械で、表面を磨きます。

PA180301.JPG


出来たての床板です。
木の香りが広がります。
(仕上がった床板を確認する現場監督の山内さん。向かって左の女性)

DSCF0571.JPG


こちらは木材の乾燥機です。
約10日位、高温の蒸気で原板を乾燥させます。
乾燥後、最短でも2週間程、外の空気に触れさせた後に、モルダ―加工を行います。
この外の空気に触れさせ、木を落ち着かせることがポイントです。

DSCF0577.JPG


床板1枚1枚にも、製材工場の皆さんの技術と知恵が詰まっています。
岩手県産カラマツ無垢床板。あなどるなかれです。


同じくこちらの住まいの、構造躯体の墨つけ作業も着々と進んでおります。

こちらは番付表と呼ばれる家の設計図です。
いろはにほへとちりぬるを・・・123456789・・・
語句と数字で構成された座標に、柱・梁桁の収まりを記します。
番付表を書くのは、棟梁の仕事とされています。

DSCF0582.JPG


墨つけを行っていきます。
番付表で記した座標や、継ぎ手部分の印を木材へ書き込んでいきます。
棟梁の中村さん。大工歴約30年の大ベテランです。
写真は盛岡市産の50年生のカラマツ。梁桁に使用します。
「カラマツは粘りが強い木。癖が強いからこそ、1本1本見極めて墨つけをすることが大事」
と、中村棟梁は語ります。

DSCF0585.JPG


こちらは、墨壷。
中に墨を含んだ綿が入っており、墨さし(へら状のペン)を付けて、木材に書き込みます。

DSCF0586.JPG


床板の生産、墨つけ・・・
この2つの工程だけでも、目には見えない人の技術と知恵が必要とされることが分かります。

森の音は、地元の素材にこだわるのはもちろんですが、手づくりによる家づくりを行っています。


カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

ブログ内検索

その他

携帯サイト

qrcode